■ 三内丸山遺跡     青森県青森市
 三内丸山遺跡は、2000年に特別史跡に指定された縄文時代の巨大遺跡です。
 
縄文人と言うと、獲物を追って歩き回る狩猟民族のように子供の頃学校で教えられて来ましたが
ここでは、その常識を覆すように約1,500年間にわたって定住した事が確認されています。

 又、集落の周りに「栗」を栽培していたことも確認されています。
  竪穴住居の復元  高床式建物
    ↑ 代表的な構造物は、6柱の塔と巨大建物
    建物の内部
  目的は良く分かっていません  
  上から3番目の白いドーム型の建物には
柱の遺構や右の遺跡などが保存されています。
  保存遺跡