ヘボ馬券師の「万馬券」作戦
 
 誰でも考える、「万馬券」。一度は取って見たい! 一度取ると何度も取って見たい!!
資金も、度胸も、博才も無いヘボ馬券師の万馬券獲得作戦(?)をご披露します。

  
万馬券の出現ケース
 
A.不人気同士の馬が激走
       人気馬が失速し、人気中程の馬同士が入着するケース。
このケースは、自分が応援している馬から総流しでもしないとゲット出来ないので素人には
ゲットは無理ですね。
 
B.最下位人気馬などが激走し、人気馬と絡むケース。
 1・2番人気の一頭が順当に入着するも、最下位人気馬が頑張るケース。
このケースは、狙いすますとゲットの可能性が高い。
 実例でお示しすると、下のケース。
単勝181倍、最下位人気の9番:トーアカゼノオーと、単勝2.0倍、一番人気の5番トゥルーサーバー
での決着で馬連32,750円。  
   
万馬券の獲得作戦
  
1.ビギナーズラック・まぐれ当たりの活用
 私が初めて「万馬券」を手にしたのは、平成8年の大井競馬場。東京ディズニーランドで遊んだ
翌日、東京湾内を船に乗ったり、ユリカモメに乗ったり、モノレールに乗っているうちに大井へ。
カツ丼で縁起を担ぎ、臨んだ第二レース。
その日は九星で「七赤」の日だったので無印・7番から総流ししたその7番が第四コーナーから
じりじり足を伸ばす。
 『七番! 七番!!』思わず大声を上げると見事一着に。
初めて手にした「12,520円」の万馬券でした。 [ 参考: 万馬券 ゲット表 ]
 何か気になる馬がいたら、まぐれ当たりに賭けるべきです。
  
2.春先の未勝利戦狙い
 4・5・6月の福島競馬場など、レース前半「未勝利戦」は万馬券の宝庫。(注1)
上記の「B」のようなケースを狙い撃ち!  →私のケースもこの時期が多い参考
 
 @オッズを見て、一番人気が2倍台など一応「一等賞は決まり」と思われるレースで、最下位の
方に100倍台の不人気馬がいたら、これの組み合わせに投票。
 
 A同じようなケースで、不人気馬が数頭いて最下位が200倍に近い場合は下から数頭を消し、
(例えば下から3頭は消して、下から4・5番人気馬を使い)上位1・2・3番人気に流す。
 
このような狙い撃ちを辛抱強く、繰り返しているとゲット出来ます(注2)
 
(注1)全くの新馬戦に手を出すのは危険ですよ
(注2)万馬券をゲットを保証するものでは有りません。可能性が高い!と言う意味です。